ラスベガスカジノはカジノの代名詞!

ラスベガスカジノはアメリカ合衆国西部のネバタ州南部にあり、砂漠の気候地帯です。

ラスベガスといえばカジノがやっぱり有名ですね^^

カジノと聞けば一般の方が遊べそうにないギャンブルのイメージがありますが、少ない金額で気軽に遊べるのでラスベガスに行けば一度は体験をしたほうがラスベガスに行った意味がないような感じがします。

ラスベガスカジノに入るには、年齢が21歳以上、年齢が21歳未満はカジノが禁止です。パスポートを持って行ったほうが良いでしょう。

服装も正装着でなくても普段着で基本的には大丈夫で、カジノは24時間営業です。


ラスベガスカジノ
(ラスベガスのカジノフロア)



賭け金は、お金を賭けるのではなく現金をプラスチックのコインと交換して遊びます。最も簡単なのがスロットマシンです。

賭け金も一番安いので初心者でも遊べます。

ルーレットはディーラーが投げた玉がルーレット盤のどこに落ちるかを予想するゲームで、初心者でも楽しめる代表的なテーブルゲームですね!

人気のブラックジャックは、手持ちのカードが21を越えないように21に近い方が勝ちです。

そしてクラップスは、2個のサイコロの目を当てるゲームです。

ラスベガスカジノは大体が、ホテルに入ると、まず目の前に広がる豪華で華やかなカジノが目の前に広がります。



ラスベガスカジノ
(ラスベガスホテルのシーザース・パレス)


多くのホテルでは入り口の脇にカジノが設置されており、遠くに行く必要がなく自分の泊まるホテルにカジノがあるという感じです。

ホテルの中にはカジノだけでなくショッピングモールやショーを上演する劇場や豪華な食事を食べられる所もありホテルそのものがエンターテイメントになっています。




オーストラリアカジノの特徴とは?

オーストラリアには主要都市に一カ所ずつカジノがあります。

また、オーストラリアカジノについて、リゾートカジノ視点で特徴を挙げるといくつかあります。

まずディーラーへのチップが禁止されていることです。

フレンドリーなディーラーや、スタッフが多いことや、ブラックジャックのディーラーは、ディーリング中に合計数をきちんと発声することも他の地域のカジノとは異なるユニークな特徴です。

また、オーストラリアカジノの一般カジノではドリンクが有料になっています。

他にも、カジノホテルでもカジノとホテルのスペースがきちんと分離されていることや、VIPゲストプログラムがあること、そしてビデオポーカーがほとんど見られないことなど、様々な特徴があります。



(オーストラリアのコンラッドジュピターズカジノ)



またオーストラリアの主要カジノには、ラスベガスなどのカジノと同様にプレイヤーズクラブがあります。

また、大きく宣伝されてはいませんが、インターナショナル・ゲスト向けのVIPサービス・プログラムも存在します。

一般カジノとは別にVIPゲスト専用のカジノフロアがあり、ゆったりしたラウンジのような雰囲気の中でプレイできるようになっています。

また、オーストラリアカジノの一般カジノでは、ドリンクは有料サービスですが、VIPゲスト専用のカジノフロアでは無料サービスで軽食なども用意されているのが一般的です。

本来は海外からのハイローラー(単価の高い上客)の呼び込みが目的ですが、ミドルローラーでもプログラム参加条件を満たせば、より高いサービスを受けられます。

もし、オーストラリアに観光に行く予定がある方は、コンラッドジュピターズカジノなどで大人のエンターテイメントを楽しんでみるのもおススメですよ!


遊ぶだけではなく見て楽しむマカオカジノ

マカオカジノというと、とかくスロットマシンやルーレットゲームなどで賭けごとをして遊んで楽しむというイメージを想像している人も多いでしょう。

しかし、最近になってマカオカジノの楽しみ方が変わってきていて、遊ぶだけではなく見て楽しむ観光施設というイメージを持ち、ギャンブルだけの施設というイメージが変わってきています。

マカオカジノといっても色々なカジノがありますが、カジノの中には歌や踊りを見る事ができるエンターテイメントショーを見せて利用客を楽しませてくれたり、またレストランで食事をする事もできます。

単にカジノといっても総合施設のようになっていて、色々なイベントや施設が入っているので、賭け事が好きではない人にとっても楽しむ事ができるような施設となっています。


カジノ・ポンテ16
(マカオにあるカジノ・ポンテ16)




もちろん、せっかくマカオのカジノのような本場に来たのだから、色々なゲームをして楽しみたいという人も多い事でしょう。

マカオのカジノには、そのカジノにもよりますが、メンバー制のサービスを設けているカジノもあります。

カジノのメンバーとして登録をすると会員証のようなものが発行されて、カジノを利用する際にはこのカードを提示してサービスを活用します。

メンバーとして登録をしておく事で、そのカジノのオリジナルグッズを手に入れる事ができるチャンスがあったり、宿泊施設や食事施設の割引サービスを受ける事ができる場合もあります。

またメールアドレスを登録しておくと、カジノファンならゲームで遊ぶ前に確認をしておきたい、お得な情報を入手できる場合もあります。

メンバーズカードは有効に活用したいサービスの一つですね^^




インディアンカジノは部族の命運をかけた産業

インディアンカジノは、北米アメリカ連邦に属しているアメリカンインディアン部族が運営するカジノです。

インディアン部族とカジノがイメージ的に結びつかない方も多いかもしれませんね^^

しかし現代を生きるインディアン部族にとってカジノ事業は主要な経済収入のひとつとなっており、「インディアンカジノは現代のバッファロー」だと例えられることもあるほど重要な産業なのです。

インディアンカジノは1979年に開設されたビンゴ場が始まりとされています。当時州と部族はカジノ経営の是非を巡り法廷闘争を繰り広げ、これは歴史的な係争として知られています。


インディアンカジノ
(インディアンカジノのフロア内)




このように州側はインディアンカジノに対してあまり良い印象を持っていませんでした。

賭博は教育的・道徳的に良くないものであるということがその理由で、運営禁止決議が相次いでいるのです。

しかしインディアンカジノで得られた収入の多くは部族の医療・教育・居住のためや、バッファロー牧場の開設、道路の舗装や整備のためなど、インディアン部族の福利厚生のために使われているのが現実です。

その反面で、インディアンを虐げてきた白人側が道徳を理由にしてインディアンカジノを禁止するのはおかしいとする内外の声も多く、またカジノはインディアン部族ではない人々の雇用をも生み出す一大企業ともなっています。

インディアンカジノはそのほとんどが都市圏から離れた場所にあるにも関わらず来客数は増加の一途を辿っており、まさに部族の存亡をかけた重要なビジネスであると言えるのです。