マカオカジノの入場制限が21歳以上に引き上げられる

マカオカジノに入場できる年齢制限が、2012年11月から21歳以上に引き上げられるというニュースが届きました。

今までは18歳以上なら入場できたのですが、今回の「カジノ入場者規範及び就業とカジノの条件に関する法案」で21歳に引き上げられることになりました。

21歳未満の入場がカジノ場内で判明すると、ゲームでの賭け金や受取全額がマカオ政府の公庫に入ることになります。

そして、違反者には1000パタカから1万パタカの罰金が科せられ、カジノ側にも1万パタカから50万パタカの罰金を命じるという法案です。




ヨーロッパのカジノでは21歳以上の年齢制限が一般的で、以前から18歳の年齢制限に疑問を投げかける関係者も多かったのも事実です。

今回の法案の成立でマカオをヨーロッパのカジノと同じ年齢制限を設けることになりました。



マカオカジノ
(マカオカジノ)



カジノは大人の娯楽なので、個人的には21歳以上の年齢制限には賛成ですね!

しっかりと自分のお金を管理できる方が楽しむエンターテイメントがカジノです。

「カジノは悪だ!」と主張する人たちもいますが、カジノが悪いのではなくて、プレイする人たちの資質に問題があるのだと思います。

正しい心構えをもって楽しむことができれば、カジノはこれほど楽しいエンターテイメントはありません。

もっと多くの人たちにカジノに関して正しい知識を学んでもらいたいですね^^



コメントを残す